レーシック治療を受けてスポーツを思う存分に楽しもう

レーシック情報

向いていない人

レーシック治療に向いている人のご説明をしましたが、人によっては逆に受けられないこともあります。そこで、今度はレーシック治療に向いていない人についてご説明します。
まず、20歳に達していない人です。この理由は目にあり、20歳未満の人のなかには視力が不安定な人がいます。視力が安定しないまま手術を受けることでトラブルに繋がる恐れがあるので、必ず事前の確認が必要なのです。
なお、レーシック治療を受ける前に行う適応検査で問題がなければ、20歳未満でも受けることは可能です。自己判断するのではなく、信頼できる病院・クリニックに行き、信頼できる医師に相談をしましょう。
また、妊娠中や授乳中の人、角膜が異常に薄い人なども該当します。さらに、目の病気を患っている人や身体に何かしらの病気を患っている人も同様です。
目の病気の例を挙げるなら、「白内障」や「緑内障」、「結膜炎」などがあります。身体の病気の例を挙げるなら、「糖尿病」や「肝炎」などがあります。
以上に該当する人は、メガネやコンタクトを利用するのが無難といえます。しかし前述したように、可能性はゼロではありません。
信頼できる医師にあらかじめ相談しておき、検査で問題がなければ、これらに該当していてもレーシック治療を受けることは可能です。

ちなみに、病院やクリニックによって手術できるかできないかは異なるので、利用する病院やクリニックに直接確認する必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加