レーシック治療を受けてスポーツを思う存分に楽しもう

レーシック情報

費用はすべて自費

風邪やインフルエンザなどで病院を利用したとき、確かにお金はかかりますが、それほど高額な費用が発生することはほとんどありません。これは、保険が適用されているからです。
しかし、レーシック治療の場合は保険が適用されないため、すべて自費で支払わなくてはなりません。レーシック治療そのものだけでなく、その前に受ける適応検査もすべて自費です。
ただし、適応検査は病院やクリニックによって無料で提供されていることもあるので、費用を計算するときはあらかじめ確認が必要です。
また、治療を受けたあとに眼科などで診療を受けることがありますが、この場合も自費です。そのため、レーシック治療を受けるのであればまとまったお金を用意しておく必要があるといえます。
そう考えると、メガネやコンタクトのほうがいいと感じる人もいるかもしれません。しかし、実は長い目で見たらレーシック治療を受けたほうがお得なのです。
コンタクトの場合、使用期限がきたら新しいものと取り替える必要があります。1日タイプや2週間タイプなど様々ですが、どちらにせよ定期的な交換が必須です。
金額はものによって異なりますが、1日タイプのものだと1箱で数千円かかります。これを利用し続けると考えれば、結構な額のお金がかかるということが分かります。

またメガネの場合も、万が一なくしたり落としたりしてしまうと、その都度お金がかかります。
その反面、レーシック治療なら1回でクリアな視界を手に入れることができるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加