レーシック治療を受けてスポーツを思う存分に楽しもう

レーシック情報

術後の注意点について

レーシック治療を受けたあと、普段通りの生活を送っていいのか不安に感じる人もいるかもしれません。万が一、それによってトラブルが発生しては大変です。
そこでこのページでは、術後に注意しておくべきポイントについていくつかご紹介します。
まず、女性の多くが気になるであろうメイク。基本的に当日は禁止で、翌日からメイクを楽しむことが可能です。しかしアイメイクは例外で、最低でも3日は控えましょう。
3日経ったあとも、1週間程度は派手なアイメイクは避けてください。メイク用品などが目に入りトラブルを起こす可能性は、ゼロではないのです。
続いて、仕事について。工事現場など屋外で動き回るような仕事を除いては、翌日から勤務可能です。それ以外は、3日程度は安静に休んでおくのが望ましいといえます。
また、術後しばらくは視力が不安定になるので、夜間帯は目が見えづらくなります。したがって、夜間帯でも問題なく見えるようになるまでは夜勤は避けたほうがよいでしょう。ちなみにこの現象をハロー・グレアといいます。
それから、定期的に目薬の点眼を行うことも忘れてはいけません。なぜなら、レーシック治療を受けたあとは分泌される涙の量が減少するためで、目の乾燥を防ぐためにも必ず点眼を行ってください。


目が乾燥することで、レーシック治療時に作成したフラップがズレてシワがよってしまう恐れがあります。点眼はもちろん、風などから目の乾燥を防ぐように心がけることが大切です。
このように、いくつか注意点があるので、レーシック治療を受ける際は必ず医師の指示に従ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加